無垢材のダイニングテーブルの魅力

無垢材を使ったダイニングテーブルは最近人気が出てきていますが、これは丸太から必要な寸法の木を切り出した天然素材で、床やデスクなど住宅内のさまざまな場所で使われています。そして、その中でも特にこの素材の魅力が活かせる家具の1つがダイニングテーブルと言うことができます。木材は心身の健康にも良く、その美しさがインテリアとして楽しめるという面もあります。そんな素材をテーブルのような毎日使う家具に使用するならば、大きなメリットが期待できるでしょう。ここでは、この種のテーブルに無垢材を使用したときの利点や、この種のものにはどのような特徴があるのか、また、購入する際にはどんなところに注意して選ぶべきなのかということなどについて、紹介していくつもりです。

このようなメリットが考えられます

無垢材を使ったダイニングテーブルの大きな利点は、毎日本物の木の香りを感じたり、その優しい手触りを確認したりできるということです。この素材には森林浴効果があるとされるフィトンチッドが含まれており、これがあることでリラックスできると考えられます。また、この素材には湿度を調整する作用があり、湿度が高いと湿気を吸収し、乾燥している場合には湿気を吐き出すことになります。そして、これによって湿気が高い夏は涼しく、乾燥しやすい冬は暖かくなり、住む人の健康を維持することが期待できます。さらに、その優しい手触りや見ただけでホッとする外観は、ストレスの緩和や心の癒しを引き出すことも可能です。また、この種の素材の場合は時間が経つにつれ、色合いが変わってきて深みが感じられるようになるので、毎日使うテーブルに対する愛着が年月と共にますます強まることが考えられます。

この種のテーブルを選ぶときの注意点について

無垢材を使ったダイニングテーブルを選ぶ際にまず考えるべきことは、その中でもどのような木を選ぶかということです。テーブルの場合は物をよく置いたり動かしたりするので、木材の中では硬めで傷がつきにくいようなメープル材などの広葉樹が適していると言えます。また、仕上げとして表面に塗膜ができるものとできないものがありますが、できないものの場合はオイルやワックスで仕上げることになり、自然な手触りを楽しむことが可能です。これに対して塗膜ができるものでは、ウレタンなどを使うことになりますが、この場合は傷に強いというメリットはありますが、木本来の感触を感じることができず、また家庭でのメンテナンスができないので、その場合は業者に依頼する必要があります。以上のようにこの種のテーブルにはいろいろな種類のものがあるので、信頼できる業者によく相談して自分の希望に合うようなものをじっくりと選ぶようにすると良いでしょう。

携帯業界以外のお仕事はございませんが、携帯業界のお仕事なら他のどの会社にも負けません。私たちスタッフは働くフィールドを熟知することが、とても大切だと考えています。 素早い対応でスタッフの皆様をフォローします。 産前休暇にあたって派遣先との交渉やその後の職場復帰を積極的に支援しております。 スタッフがお仕事を提案し、就業開始後のフォローを行っています。 派遣社員を募集している携帯ショップ情報