現代の勤怠管理について。

勤怠管理とは、企業の社員の方々の勤務に関する状態(出勤、退勤、欠勤などの状況)を把握し、勤務時間を守っているかどうかを管理することを意味します。また、その方法として、タイムカードを用いて、出勤時刻や退勤時刻を記録することや、自己申告制を取る企業もある。そして、管理をする事により、社員一人一人の出勤状況を把握するだけでなく、どれだけ時間、残業したのかを見ることもでき、残業代を計算する際や、年内の有給休暇を消化状況を管理する際にも、この管理の記録が用いられ、活用されております。現代では、タイムカードの代わりに、この管理システムを導入する企業もあり、個人を識別するICカードや指静脈を利用して社員の出勤、退勤を記録し、残業代を含めた給与計算を自動的に実施しています。また、インターネットのクラウドを利用し、離れた場所にある支社や工場などのこの管理も本社で一括してすることも可能となっており、機能的に利便性の高い物となっています。

大阪府の勤怠管理について

勤怠管理とは、出勤、退勤、欠勤などを把握したうえで、勤務時間が守られているか管理することです。教員の場合ですが、府立学校ではこの勤怠管理が行われています。出勤時、退勤時などにチェックが入るので、サービス残業はあっても(教員にたいして残業手当はありません)、またこのシステムによってさまざまなことがパソコン上で行われます。(データ入力という意味です)例えば、出張費や通勤費なども含まれます。また、年末調整などもこのシステムを使って自分で入力します。データ化されることはとても重要で、便利な物ですが、今年度税金があがったにも関わらず定期代が税改正前の状態のまま支払われていました。人為的なミスなのかシステムの問題か問い合わせました。理由はシステムの問題であれば大阪府全体の問題で、一刻も早く伝えなければならないと思ったからです。結局はあやふやな対応で、今月見支払い分に関して振り込まれるそうですが、私自身はシステム化され給与明細も自分で印刷しなければならず、気づいていない場合もあるのではと感じます。勤怠管理しているシステムに過信せずに人的なチェックが必要なのではないかと感じました。

勤怠管理システムの導入製品選定時の注意点

勤怠管理をシステム化する場合、導入時に検討すべき注意点をご紹介します。勤怠管理は通常、出退勤時間、遅早退、休暇、残業時間を人別に入力し、記録・蓄積し、給与に反映させます。現状、どのようにこれらの情報を記録し、申請し、承認させていたかを取り纏めて、システム化すべき要件を全て抽出します。要件を全て抽出したところで、予算、必要な機能、採用する製品の価格、日々の運用を考慮して、導入候補の製品の選定を行うことが重要です。またシステムを導入してから運用できない事態にならないように、事前に自社でのイレギュラーな運用が導入する製品で実現可能かを検討し、実現可能な製品を選定することが大切な点です。このように通常運用とイレギュラーな運用の実現可否の検討を十分行い、自社にマッチしたシステム製品を選定することが、最も注意すべき点です。

自社にもっともマッチしたシステムというのは、単に業務体系にあっているかどうか。というだけではありません。むしろ自社の業務体系が対応していない勤怠管理システムのほうが珍しいと言えるでしょう。 重要なのは、実際に勤怠管理を利用する社員が違和感なく利用できるかどうか。集計する経理や管理が楽になっても大半の社員が利用するにあたって、今までの利用方法と違っておおきなストレスを感じてしまうのであれば、その勤怠管理システムはあまり上手く運用できるとは言えないでしょう。 自社の業務を円滑に行うためにも誰がどうやって使うか。というところをシュミレーションする事をおすすめします。

Blog Home