こんなお部屋にマッチする無垢のダイニングテーブル

温かい色合いと木目、香りが魅力の無垢のダイニングテーブルは心地よいナチュラル感がどのような家族構成のご家庭でも人気のインテリアとなっています。「無垢」は塗装などをしていない使用している木材そのものの木目や色合いなどを楽しむために、同じ材質を使用していても全く同じ雰囲気の製品が出来上がることはないといわれています。また強い塗料や薬剤を使用していないので、赤ちゃんやペット、アレルギー反応などの心配が少なく、毎日肌に直接触れても健康的に心地よく過ごすことができます。特にダイニングテーブルは食事や家族の団欒など使用頻度が多く長時間過ごすことも多い場所なので、安全性の高い素材を使用したアイテムやインテリアは安心して長い期間愛用することができます。

こんなタイプの部屋にマッチする。

ダイニングテーブルのように面積の大きい無垢のアイテムはお部屋の雰囲気を決定付ける決め手となります。特にナチュラルといったイメージの強いアイテムにはシンプルな壁紙やフローリングといった部屋に馴染みます。また観賞用植物や自然素材を使用したインテリアやアイテムなどとも相性がよいので、落ち着いた空間や癒されたい空間で時間を過ごしたい人にはぴったりです。(金属質や無彩色である白・黒・グレーといったモダン系の部屋の場合浮いてしまうこともあるようです。)使用されている木材により色調は様々あり、製品によって違いが出たり、全く同じ雰囲気の製品がないのも魅力のひとつです。明るい色みのテーブルは部屋を明るく爽やかに、暗い色みのテーブルは部屋に重厚感と重みを与えてくれるので好みで選ぶようにします。

無垢の製品を美しく保つ為のお手入れ方法

ダイニングテーブルに限らず、どんな製品でもメンテナンスやお手入れは必要です。水分のついたコップなどを直に置き続けると水でシミが出来てしまいます。これは塗料などを塗っていないために起こる現象で水分をすぐ拭き取ったり、コースターや敷物をする事で防ぐことが可能です。傷やしみこんでしまう汚れを未然に防ぎたい場合は、透明や薄地のテーブルクロスなどを使用するようにします。長い時間をかけて深い風合いや味わいを出したい場合はカバーといったものは使用するのを控えお手入れも最小限にとどめるようにしましょう。木目を生かしたまま使用したいときは、蜜蝋といった自然の油分や成分を原料としたインテリア用のワックスなども販売されています。近年では特に赤ちゃんやペットなど口に含んでも害のない自然派志向の製品が多いようで適量を布などで薄く塗りこむように使用します。