勤怠管理はもっと徹底的にしてほしいです

勤怠管理、表向きにはタイムカードやパソコンなどで管理していてきちんとしているようにも思えます。が、実際はいくらでも嘘がつけるかと思います。タイムカードにいたっては時間がきたら通せばいいだけでそのあと働いても分かりません。徹底している会社などはパソコンのスイッチをいれて切るという時間をもって管理していたりします。この場合は嘘はつけませんし、休日出勤(サービス)なんてのも勝手にできないようになっています。日本は欧米諸国にくらべていわゆる無休残業なんてのがまだまだ当たり前になっているように思えます。徹底的に管理しオーバーした時間は有給にあてるなどの徹底管理してほしいと思います。根本的に企業の体質などもかわっていくとよいのですが。外資系などの会社をもっとみならって働くことの本質なども今一度考えなおすときではないかと思います。

最近の勤怠管理システム

勤怠管理をする場合タイムカードを用いることが多いと思います。しかし最近では、個人を識別するためのICカードを用意して、それによって出勤や退勤状況がわかるシステムをとる会社も増えてきました。ICカードでの勤怠管理はオンラインで勤務状況が管理できるようになり大変便利です。またICカードではなく、指紋認証などのシステムを導入している会社もあります。タイムカードを使っていたときは、手動で計算しなければなりませんでしたが、新しいシステムを導入することによりすべての社員の管理を一元化することできるようになりました。わざわざ残業時間を出さなくても自動に計算してくれるため、事務の作業効率も大幅にUPしていると思います。社員数が多い会社やパート、アルバイトが多い会社が勤怠管理システムを導入することは大変メリットの大きいことだと思います。

勤怠管理を行う方法について

勤怠管理も今はオンラインで行うことが多くなってきています。オンラインで行うことによって、給与計算も行いやすくなります。そうすることによってミスも軽減させることが出来るようになるのです。正しい情報を入力することが出来るので、勤務に関する情報も本社などでしっかりと把握をすることが出来るようになってきているのです。専用のシステムの中に勤怠管理を行うことができるコンテンツがあれば、わざわざ承認の押印をもらうこともありません。手間もかからないのです。責任者も面倒なことはありません。オンラインで承認をすることが出来れば便利ですし、本人が不在の時であっても確認をすることが出来るようになってくるので、とても便利なのです。中には残業時間を事前に申請をしなければいけないという企業もありますが、そこは難しい部分があります。

Blog Home