最先端の勤怠管理について

私が現在働いている会社では、勤怠管理はパソコンでやっています。エクセルで作った表があって、それに出勤などを記入していくようになっています。今は人数が少ないので、パソコンで管理をしていますが、人数が増えてきたらタイムカードにすると言っていました。私はどちらでもいいと思いますし、どちらもしっかり管理できると思います。今のところ、不便に思ったことはないので、会社のやり方に合わせていきたいと思っています。それぞれのメリットがあると思うので、それぞれの会社で、ベストな管理方法をすればいいと思います。以前アルバイトしていた居酒屋は大手のチェーン店だったので、指紋認証で出勤退勤を管理していました。最先端ですごいなと思いました。他の人が代わりにタイムカードを押したり、データを入力しなおしたりができないので、すごくしっかり管理されているんだな、と驚きました。

各企業での勤怠管理の方法

私が現在勤務している部署の勤怠管理は、出勤・退勤の時間の記録は行っておらず、出勤時に出勤簿に押印するのみです。休暇を取得する際に、休暇簿のようなものに休暇日や時間の記録をします。残業をした際には時間外勤務を記録する書類を作成し、上司に確認をしてもらい本部へ報告すると給与に反映されます。同じ会社の違う部署では、勤務時間や休暇の管理はすべてパソコンで行っているそうです。勤務時にログインし、退勤の際にログアウトすることで勤務時間の管理をしているそうで本部への報告等は特になく、とても便利だという話を聞きました。別の会社では、パソコンと出勤簿を併用しての管理方法を採用しているところもあるそうです。日々の管理は各店舗でのパソコンで管理し、月締めの際に本部へ報告する時にはパソコンに登録された記録を出勤簿に写し、それを本部で確認して給与に反映させるとこのことでした。

サラリーマンの役職者は部下の勤怠管理の徹底が必要

サラリーマンの役職者は部下の勤怠管理の徹底が必要になります。役職者は部下に遅刻や欠勤をすることが無いように厳しくしつけなければならないと考えます。仮に遅刻や欠勤をする場合は、必ず役職者に電話をして理由を説明しなければならないと指導、徹底していきます。このようにして部下の勤怠管理の徹底をすることで社内の規律がしっかりとしていきます。役職者の中には、たとえ風邪でも熱があっても1度会社に出勤してから役職者の指示を待って病院へ行くなり早退をすると言った行為ができると言った厳しい指導をする役職者も存在します。役職者と部下の上下関係と同様に、役職者にも上司がいますので、上司から部下を甘やかすことが無いように徹底、指導されることが考えられます。その為にサラリーマンの縦社会は厳しく、いい加減な気持ちで給料をもらうことは出来ないような組織になっています。

Blog Home